忙しい人のビットコイン講座

忙しい人のビットコイン講座

*

ICO

   

新商品やサービスを始めたいけど、お金がない。

そんな会社は、銀行からお金を借ります。銀行からお金を借りると、お金を返すのが大変です。

そういうときは、株を作って、株を買いたい人にお金を払ってもらいます。新商品とサービスの利益は株をもっている人に分配します。もし利益が出なくて会社がつぶれても、借金ではないので、お金を返す必要がありません。

市場で売買されるようになる前の株をIPOといいますが、金融商品取引法で厳しいルールがあります。

今流行りのICOは、IPOの株券をコインに置き換えただけのお金集めの方法です。

IPOをできるだけの力がある会社が、何となくICOの方が今風でカッコイイから行うというのもあるでしょう。

そういう会社なら良いですが、ほとんどの会社は、IPOをできる力がないため、ICOでお金を集めています。

ICOには、今のところ、株の法律のようにルールがありません。

そのため、あやしげなICOもあり、もし、ICOに参加した人が損をするようなことが多くなれば、ICOにも新しい法律ができてルールを作る必要があります。

ICOは新しいお金集めの方法ですが、危うさももっています。

ICOに参加すると、ICOをした会社から、新商品やサービスの利用権が与えられます。利用権がない場合にも、コインを売ることで利益になります。会社が利益を出したら、コインを買い戻すことで、投資家は利益を得ます。

ICOに参加するには、ICOをした会社にビットコインやイーサリアムなど、指定されたコインを指定された期日までに、指定されたアドレスに払い込みます。

新商品やサービスが提供されることはほとんどありません。ICOをした会社は、払い込まれた大金を手に入れて満足するため、商品、サービス開発に取り組まなくなってしまいます。

ICO参加者は、コインの売却益ねらいで、ICOに参加します。

ICOに参加できる人は限られるため、限定コインになりやすく、人気が出ると、上場後に、高値で売れるからです。

当たるとでかいのがICOの特徴です。

新商品やサービスもあたえられたICOには、アバカス、ペロコインがあります。

アバカスは、まつかぶおうどんさんのICOです。

ビットコインが欲しい人と、アマゾンで安く商品を買いたい人をつなぐサービスです。ビットコインが欲しい人に、アマゾンの欲しいものリストの商品を買ってもらい、商品が届いたら、ビットコインを送るというサービスです。

0.2円のアバカスのバッカスコインが10円になりました。

ペロコインは、ビットコインFXで使える補助ソフトの永久使用権が10万円でもらえます。

 - 未分類