忙しい人のビットコイン講座

忙しい人のビットコイン講座

*

ビットコインを買ってからどうする?ビットコインFXで億ろう!!

ビットコインを買えたら、そこで投資を終えても問題ありません。

ビットコインは、2018年に300万円以上になるという予測もありますし、投資参加者たちは、ビットコイン以外のコインを触ったあと、最後にビットコインを買ってから日本円に戻すので、他のコインよりも安全です。

元手の1~2倍ぐらいは日本円を増やせるでしょう。

ビットコインの価格は頻繁に暴落するので、相場を見ないで、時の流れに身を任せるのがちょうどいいです。

月末、年末、ビットコインのニュースを見たとき、気がついたときに、ビットコインの相場をチェックしましょう。

あとは、どれだけリスクをとれるか考えて、日本円に戻すか、ビットコインに投資し続けるか決めてください。





数日たち、買ったビットコインの価値を見ると、資産が少しだけ増えているかもしれません。

あまり、資産が増えていない・・

そんな時は、ビットコインFXをはじめてみましょう。

投資額が少ないから、資産が増えないのです。

ビットコインFXなら、投資額の数倍のビットコインの売り買いができます。

投資額の倍率は自分で決めることができます。倍率は取引所によって違いますが、15倍ぐらいまであります。

ビットコインFXでは、ビットコインの売りからはじめることもできます。

売りはショートと呼び、買いはロングと呼びます。

ショートは、ビットコインが下がった時、利益になります。

ロングは、ビットコインが上がった時、利益になります。

売りから入れるということで、戦術が一つ増えたことに喜び、ショートをたくさん使いたくなるのが悪い点。

ビットコインの相場は右肩上がり。

ショートよりロングでビットコインを買うのが正解です。

わたしもショートで苦しみました。

ビットコインの暴落を見て、すかさずショート。

最高のタイミングでショートができたと思っていました。

しかし、入ったタイミングで、強烈な上げ。

どうせ、1分後には下がると思ったものの、一向に下がらない。

そのまま、ビットコイン価格が暴落し始めた価格まで戻る壮絶なリバウンド。

証拠金の増額を求める知らせ。

損切りも考えていなかった、わたしは強制終了のロスカットをするはめに。

普段見ない取引所のチャットに、あのタイミングでショートする人はセンスないよ、という言葉を目に。

ビットコインFXとお別れをしました。




9割の人は損をするというビットコインFX。

2017年、ビットコイン最高の年に、損をしたり、儲けることができなかった人は、ビットコインFXをしていた人です。

バイトやめた戦士さんをはじめ、ビットコインFXで資産を大きく増やした人もたくさんいます。

2017年は、大口投資家が少なかったため、比較的易しい相場だったそうです。

2018年は、大口投資家が増えているため、2017年よりも難しくなっているようです。

ビットコインFXをはじめるなら、取引量が多いビットフライヤーです。

ビットフライヤーのライトニングFXは、取引量がダントツの世界一です。

ライトニングFXのビットコインの相場は、普通のビットコインの相場と一切関係がありません。

ライトニングFX独自の相場になっています。

地位、学歴関係なく、ビットコインFXの取引に向いている人は、あっという間に一財産をつくることができるでしょう。

株のトレードをした人はテクニカル分析をつかい、株に触れたことがない人も実践で勝つことができるようになります。

相場に勝つ方法は、ひたすら相場と向き合うだけです。

自分だけの勝ちパターンを見つけるのです。

向いているか、向いていないかの世界。

センスがある人なら人生が変わります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




公開日: